SEO対策について

ローカルSEO対策を大阪で

”地域名+ビッグワード”でSEOをやるなら知っておきたいキーワードリスト

”東京 賃貸”、”京都 観光”、”福岡 求人”のように、いわゆるビッグワードに”地域名”を付けて検索することがよくあります。サービスにもよりますが、SEOを行う上で”地域名”を意識することは非常に大切です。

このページではビッグワードと一緒に検索されることが多い”地域名”をまとめてみました。都道府県や市区町村名はすぐに頭に浮かぶと思いますが、他にも様々な地域に関連するキーワードがあります。

都道府県、市区町村名

地域名でSEOを考える場合の基本であり最も重要なキーワードです。特に説明の必要はないでしょう。

駅名、路線名

これも地域名でSEOを考える場合の基本ですね。都市部ほど路線名での検索ボリュームが増える傾向にあります。また、路線名に”沿線”というキーワードを付けての検索もあります。

例:中央線沿線

都道府県+”内”

都道府県名や市区町村名に”内”を加えて検索されることもあります。

例:神奈川県内、大阪市内

都道府県+地域区分名

地域区分名というのは、東部や北部といったキーワードです。注意したいのは、全ての都道府県で東西南北の地域区分が使われている訳ではないという点です。

例えば、東西に長い静岡県では東部、西部といった呼び方はされますが、北部や南部はあまり使われません。また、福島県のように東西に長い地域でも東部や西部といった呼び方はせず、浜通りや中通りといった独自の呼称が使われている地域もあります。他には新潟や北海道も地域区分の名称は独特です。

例:静岡県東部、茨城県南部、道東、上越

地域名+”近郊”、”周辺”など

”近郊”、”近場”、”周辺”のように近くをあらわすキーワードと地域名を組み合わせて検索されます。

例:東京近郊、大阪 近場、成田空港 周辺

関東、関西、九州といったキーワード

都道府県に比べると検索ボリュームは圧倒的に小さくなりますが、関東や関西、九州といった地域区分名で検索されることもあります。

地域固有の呼称

都道府県名や市区町村名ではないもの頻繁に使われる地名があります。

例えば、「湘南」という地名はほとんどの人が耳にしたことがあると思いますが、湘南市や湘南町という地名があるわけではありません。こういった地名は市区町村名などのDBには含まれないため見落としがちです。

例:湘南、鹿行、播磨、浜通り

略称

Googleが同意語として見なしているケースが多いので、それほど意識する必要はありませんが、地域名の略称も押さえておきましょう。

例:都内(東京都内)、下北(下北沢)、名駅(名古屋駅)

また、歯医者さんのような地元密着型のビジネスであれば、地元独特の呼称・略称を意識しておきたいところです。

例えば、私の事務所の近くには「向ヶ丘遊園」という駅がありますが、地元の人は「遊園」と呼んでいます。近くで歯医者を探す場合は、「遊園 歯医者」といった検索ワードが考えられます。

まとめ

ここまで、地域に関連するキーワードをピックアップしてきました。都道府県名や市区町村名、駅名などは、ほとんどの人が意識しているキーワードのため上位表示も簡単ではありません。検索ボリュームは小さくなりますが、競合の少ない地域系キーワードを狙ってみるのも一つの方法でしょう。

ローカルSEOより

地域×SEO対策の決定版!!

地域ワードのSEOに数万も掛ける時代は古いです。リッチローカルでは、地域ワード×SEO対策をしっかりと行い、企業様の集客のお手伝いができればと考えております。

都道府県名や市区町村名、駅名などは、ほとんどの人が意識しているキーワードのため上位表示も簡単ではない地域も増えてきております。

地域ワード特化型SEO対策だからできる、上位表示率96%!

是非一度、ローカルSEOをお試しください。

ページ上部へ戻る