コンテンツマーケティングとSEO

キーワードのデータに基づいてコンテンツを作成する
われわれ中小零細企業がコンテンツマーケティングをするといっても、なにから手をつけていいかがわからないことが多いです。

仕事は兼務で激務・・・もともと帰宅時間が22時を回っている・・・
これ以上時間をとられるのは本当に厳しい。

だけど、将来のことを見据えて、もう少しwebに力を入れておかないといけないしなぁ・・・

だけど、大企業のように潤沢に広告予算があるわけでもない・・・

ん~こまった こまった。

という、方が多いのではないでしょうか?

限られた人員で、限られた時間で仕事をこなしていく、もしくはこなさせるのがマネージメントのひとつですね。

コンテンツマーケティングを行ううえで、最も重要なのが、限られた時間でコンテンツ内容を生み出し、生み出したコンテンツがサイトの収益に貢献する!です。

そんな効率化をするにあたって、最も知っておかないといけないツールが「Google Analytics」と「ウェブマスターツール」
「Google Analytics」の検索ワードと「ウェブマスターツール」のクエリと平均順位を見比べて、重要キーワードを見つけます。
次に、需要キーワードと、自分の仕事を組み合わせて、コンテンツとなりうるお題目を考えます。

あとは、簡単!点として存在するお題目同士をつなぐコンテンツの題目を作り、取材やヒアリング、調べ物を通してコンテンツを順に作っていけばいいというわけです。

点から線へとつなげていき、読み物として完成させるのがコツです。

この作業により、SEOとしての順位上昇および、関連ワードによる訪問者の流入が見込め、webサイト全体としてメインタイトルに記載されてある、最重要ワードの専門性が高まっていくのです。

失敗してしまう典型例は、とりあえずコンテンツマーケティングをやってみよう!
題目はみんなで出し合って!!

せっかくHPというデータの蓄積があるので、こちらを有効活用するのが、コンテンツマーケティングの成功の近道です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ローカルSEOより

地域×SEO対策の決定版!!

地域ワードのSEOに数万も掛ける時代は古いです。リッチローカルでは、地域ワード×SEO対策をしっかりと行い、企業様の集客のお手伝いができればと考えております。

都道府県名や市区町村名、駅名などは、ほとんどの人が意識しているキーワードのため上位表示も簡単ではない地域も増えてきております。

地域ワード特化型SEO対策だからできる、上位表示率96%!

是非一度、ローカルSEOをお試しください。

ページ上部へ戻る