コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングとは、見込客や既存顧客にとって役立つコンテンツを提供して広めていくことで、最終的に自社の利益につながる行動を起こさせるというマーケティング手法です。

ちなみに、コンテンツマーケティングの意味を、それぞれ分解してWikipediaで調べて見ると次のようになっています。

コンテンツ(英: media content)とは、「中身」のこと。英語の関連語彙としては、コンテナ(wiktionary:container)の中身がコンテントcontentである。
デジタル‐、映像‐、商業‐、素人‐、などといった複合語がある。いわゆる「メディア」の中身の、文字列・音・動画などのことで、それらの内容である著作物を指すことも多い。

マーケティング(英: marketing)とは、企業や非営利組織が行うあらゆる活動のうち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその商品を効果的に得られるようにする活動」の全てを表す概念である。
一般的な企業活動のうち、商品・サービスそのものの企画・開発・設計やブランディングから、市場調査・分析、価格設定、広告・宣伝・広報、販売促進、流通、マーチャンダイジング、店舗・施設の設計・設置、(いわゆる)営業、集客、接客、顧客の情報管理等に至る広い範囲においてマーケティングミックスの4Pや4Cの活動が行われている。 企業活動のうち、対顧客視点での活動が行われない製造ライン、研究、経理、人事などの部門は、マーケティング活動とはやや遠い位置づけになる。
一般的にビジネスの現場やマスメディアにおいては、広告・宣伝、集客や販促活動のみをマーケティングと捉える傾向が強いが、これは本来のマーケティングの意味からすれば誤解である。 この誤解は、マーケティングという言葉・概念の普及過程において、企業の宣伝担当部門などがマーケティング部などと名乗ることが多かったため、その部門の担当業務がマーケティング全体を指していると誤って捉えられたと考えられる。

つまり、webサイトに掲載するコラムやブログの大本となる内容のことです。
台本といっても、題名があり、目次があり、それに沿って魅力的な、観客をひきつけるようなコンテンツが重要ですね。
表現方法は、文章、映像、画像、音声など色々あります。しかし、大本となる内容がしっかりしていなければ、どのような表現方法を使っても本物の魅力は伝わらないということです。
コンテンツマーケティングにおけるコンテンツも同じく魅力的でなければなりません。そして当然、自社の利益につながる見込客にとって魅力的であることが重要です。

たとえば、ケーキ屋が宇宙についてさまざまな見解やブログを書いてもまったく意味はありません。
ケーキ屋のHPに「宇宙 神秘」というキーワードで訪問者があったとして、コンバージョンにつながると思いますか?

答えはNoですね。

それぞれ、自分のご商売の領域にあったコンテンツを魅力的に記載することにより、さまざまな関連キーワードでの訪問者を獲得でき、それに合わせて購入数が上昇していくというのが一般的なコンテンツマーケティングの基本です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ローカルSEOより

地域×SEO対策の決定版!!

地域ワードのSEOに数万も掛ける時代は古いです。リッチローカルでは、地域ワード×SEO対策をしっかりと行い、企業様の集客のお手伝いができればと考えております。

都道府県名や市区町村名、駅名などは、ほとんどの人が意識しているキーワードのため上位表示も簡単ではない地域も増えてきております。

地域ワード特化型SEO対策だからできる、上位表示率96%!

是非一度、ローカルSEOをお試しください。

ページ上部へ戻る